施設概要

〜でっかい自然とのふれあいパーク〜

広島市森林公園案内図

 

       広島市森林公園とは

 

 広島市森林公園は、市民が「森林」に親しみ、憩い、自然を観察し、合わせて林業に対する理解を深めることのできる場、また、学校教育活動の場として平成元年11月3日文化の日に開園しました。

 当公園へは、車で市中心部から30分、山陽自動車道広島東インターから10分程度であることから、これまで市内はもとより県内外から多くの方々にご利用いただいております。

 当公園にある中四国唯一の「こんちゅう館」では、生きた昆虫を展示するコーナーや、昆虫について楽しく理解できるコーナー、ガラス張りの温室の中で、ブーゲンビリアやハイビスカスの花の間を500頭以上の色とりどりのチョウが一年中舞っているパピヨンドームなどがあり、多種多様な昆虫の生態を分かりやすく学ぶことによって、「自然のしくみ」 「自然の大切さ」 「生命の尊さ」を理解していただきたいと思っております。

 自然いっぱいの園内では、春はウグイス、シジュウカラ、ホウジロなどの野鳥の美しい音色の合唱の中、サクラ、ツツジ、ハナミズキなどが咲き乱れ、夏はジャブジャブ川での水遊び、秋は標高が400mと高いことから、カエデ、メタセコイア、ナンキンハゼなどの紅葉が一段と鮮やかになり、冬になると白銀の世界でソリすべりを楽しむこともできます。

 約2haの芝生広場では、高さ11mのロープで編んだ三角形の塔「ザイルクライミグ」でポンピングを一度に100人でも楽しむことができ、谷川に架かっている長さ36m、高さ13mの吊り橋「ワンパク橋」では、谷底が見え、ゆらゆら揺れてスリル満点です。また、多目的広場を利用してのグラウンドゴルフや、デイキャンプ場でのバーベキューなどスポーツ、レクリエーションの場として広く利用できます。

 また、平成10年5月にオープンした「林業の森」では下刈り、枝打ち、間伐、炭焼きなどの林業体験ができ、「野鳥の森」 「ハイキングの森」ではバードウォッチングやハイキングを気軽に楽しめ身近に自然にふれあうことができます。

 さらに、管理センター北側にある「鷹ノ条山」(標高438m)山頂には、広島市街地や瀬戸内海、中国山地が一望できる「毛利元就」時代の山城を再現した「山城展望台」もあり、より見所の多い、魅力ある施設として、皆様のご来園をお持ちしております。

 修学旅行、体験学習、遠足、社会見学などには、ぜひ広島市森林公園をご利用くださいますようよろしくお願いいたします。 

       施設概要

 

位置

  広島市東区福田・馬木・温品

面積

  総面積 約400ha

開園日

  平成元年11月3日

園内施設

  (1)集いの森      管理センター、中央広場等

  (2)子どもの森     冒険の森、メルヘンの森、ジャブジャブ川等

  (3)ピクニックの森   芝生広場、休憩所、デイキャンプ場等

  (4)昆虫の森

  (5)林業の森

  (6)野鳥の森

  (7)ハイキングの森

駐車場

  第一駐車場(大型 12台、普通車 110台)

  第二駐車場(普通車 193台)

  臨時駐車場(中央広場 普通車 200台、多目的広場 200台、林業体験広場 普通車 50台)